当院の新型コロナウイルス対策について

新型コロナウィルス感染対策

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、クリニック等の医療機関に対しても、3密(密閉、密集、密接)を避けるなどの対策をとることを政府・厚生労働省より通達されています。
季節性のインフルエンザなどとは異なり、新型コロナウイルスの流行は長期化していく恐れがあり、日々の業務に感染対策を取り入れていく必要があります。当院では新型コロナウイルス感染症を恐れ、通院に不安を抱えている患者さんが安心して通院を続け、治療を受けることができるよう、感染予防の取り組みを徹底しております。

当院の感染対策

ソーシャルディスタンスの確保

患者様同士のソーシャルディスタンスを確保するため、待合室の椅子は可能な限り余裕をもって配置させて頂いております。また、受付後にはクリニック外からでもスマートフォン等で御自身の待合番号や混雑状況を確認できるシステムを導入しておりますので、他店舗・施設や自家用車内でお待ちいただくことも可能です(クリニック外でお待ちになるときはスタッフにひと声おかけ下さい)。
※表示される待ち時間はあくまで目安となります。緊急性の高い患者様の診察を優先させて頂くこともございます。

当院スタッフの感染対策を徹底します

マスクの着用、流水およびアルコールによる手指消毒を徹底するとともに、就業前後に検温と体調報告による健康管理をおこなっております。また、感染症に対する正しい知識や最新の情報をスタッフ全員で共有しております。

待合室・診察室・処置室への空気清浄機設置

空気中のウィルスを低減させる効果があるとの厚生労働省の見解を踏まえたうえで、HEPAフィルターと同等かそれ以上の能力を有する空気清浄機を、待合室に2台、各診察室、処置室にそれぞれ設置しております。

ドアノブや手すりなど共有部分のこまめな清掃

通常の室内清掃に加えて、ドアノブや手すり、取っ手など不特定多数の方が触れる箇所については、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムを用いた清掃をこまめにおこなっております。

定期的な院内の換気

正面自動ドアや処置室などのドアを開放することで、定期的な院内換気をおこなっております。外気の取り込みに際して院内室温調節が難しくなることもございます。患者様は調整のしやすい服装で御来院下さいますようお願い致します。

患者様へのおねがい

来院される際には、必ずマスクを御着用下さいますようお願い致します。お忘れの際には、受付にて御購入頂きます。
来院されましたら、入口にて手指のアルコール消毒をお願い致します。アレルギー等をお持ちの方はその旨を受付スタッフに仰ってください。
受付の際、体調と体温の聴き取りをさせて頂きます。また、非接触型体温計を用いた体温チェックを致しますので、患者様の御理解と御協力をお願い致します。
厚生労働省および日本医師会の推奨に基づき、当クリニックのスタッフには必要に応じてマスク・ゴーグル・手袋などの着用を指導するとともに、受付カウンターには遮蔽物としてアクリルボードを設置しております。患者様には御不便をおかけすることもあるかと存じますが、御理解頂きますようお願い致します。

◎下記にあてはまる患者様は、横浜市の帰国者・接触者相談センター(045-664-7761 午前9時~午後9時)に直接お電話ください。
  • 38.5℃以上の発熱がある37.5℃以上の発熱や咳、風邪症状が4日以上続いている
  • 息苦しさ(呼吸困難)や強いだるさ(倦怠感)がある
  • 高齢者や基礎疾患のある方
  • 2週間以内に新型コロナウィルス感染症患者、またはその疑いがある方と接した
  • 2週間以内に海外への渡航歴がある

◎上記にあてはまらない患者様で、発熱や咳、咽頭痛などがある患者様は、来院前にお電話045-744-5345にてご連絡ください。ほかの患者様との接触をなるべく避けつつ、患者様の待ち時間を少しでも短くできるよう、診療時間や診察室の調整をさせていただきます。

TOPへ