舌下免疫療法

舌下免疫療法

舌下免疫療法舌先免疫療法とは、治療薬を舌の下に投与して免疫獲得を目指す治療法です。現在は研究が進んだことで、お子様にもスギ花粉症とダニアレルギーの舌下免疫療法が適応できる治療になりました。くしゃみや鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの症状が1年を通して続く場合はダニアレルギー、春などの特定の季節にみられる場合はスギ花粉症の可能性があります。 舌下免疫療法の効果を自覚するにはある程度の期間が必要です。ご希望の方は早めにご相談ください。 ダニの舌下免疫療法は季節を問わずいつでも開始できますが、スギ花粉症の舌下免疫療法の場合は、症状が起きる時期以外に始めなければいけません。そのため特に、受験を予定している学生の方や、花粉が飛ぶ時期に大きなイベントを控えている方には、お勧めしたい治療法です。 なお、重度の気管支喘息を抱えている場合には、喘息を治療でコントロールできるようにさせてから始めていきます。気管支喘息とダニアレルギー・スギ花粉症のどちらも抱えている方は多いのですが、この治療は併用していくことで、症状の改善に期待できます。当院では、小児科・アレルギー科の専門医が一人ひとりの症状を丁寧に診て、適切な治療を提案していきます。

子どもの舌下免疫療法について

ダニアレルギーや花粉症の治療として近年注目されている舌下免疫療法は、お子様にも有効な治療法だと言われています。悩んでいる症状を改善させて生活の質の向上にも期待できる治療法として、受験を予定している方や、春先に大事な行事が毎年ある方には強く推奨できる治療法です。 当院の院長は、数々の子どもの舌下免疫療法の臨床経験がある小児科専門医・アレルギー科専門医です。ご希望の方はお気軽に当院へお越しください。

治療は5歳から可能

現在、舌下免疫療法は大人だけではなく、子供も受けられる治療法になりました。日本では特に、患者数の多いスギ花粉症とダニアレルギーを持つ子供の患者様に対して、舌下免疫療法による治療が選択されています。 アレルギーとは、アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)が体内へ入ることで、あらゆる症状を引き起こす状態です。例えばスギ花粉に対するアレルギーを持っていると、スギの花が飛ばす花粉が目・鼻などから体内に入ることで症状が引き起こされます。舌下免疫療法では、わずかな量のアレルゲン物質を投与して免疫を作っていきます。 免疫療法の研究は近年、経口免疫療法や皮下に注射をする免疫療法など、あらゆる方面での研究が進められています。現在はその中でも、子供にも安全に行える舌下免疫療法が選択されるようになりました。 舌下免疫療法は注射を使う免疫療法とはないため、治療中に痛みが起きることはありません。また、アナフィラキシーショックが起きるリスクが少ないといったメリットもあります。お薬を毎日舌の下に投与する必要がありますが、薬は口の中で溶けるため、5歳以上の患者でも治療可能な方法です。

スギ花粉症治療は11月までにスタート

花粉ダニアレルギーはいつでも開始できますが、スギ花粉症の治療は飛散時期以外の時期に始める必要があるため、11月頃までに行う必要があります。11月頃以降に行うと、翌年の飛散シーズンを過ぎてから治療することになります。

舌下免疫療法の内容

専用の錠剤を舌の下に入れて、そのまま1分間、錠剤が自然に溶けるまで待ちます(使う錠剤は苦くありませんのでご安心ください)。1分間経過しましたら、飲み込みます。 初回の投与は当院にて行います。その後、医師が決めた時間まで院内で過ごしていただき、経過観察を行います。 薬の服用前後の2分間は水分摂取を避け、服用前後2時間は激しい運動と入浴・飲酒などを控える必要があります。 ダニアレルギーの舌下免疫療法はどの時期でも開始できますが、スギ花粉症の舌下免疫療法の場合、花粉の飛散時期には開始不可能です。余裕をもって始める必要があるため、11月まで治療開始することを推奨します。 なお、ダニアレルギーとスギ花粉症の治療薬は違います。ダニアレルギー用と花粉症用のタブレットそれぞれ1錠を服用する治療法も可能です。

3~5年間は毎日の継続が必要

短期間で効果を得られる治療法ではないため、免疫を獲得できるまで1~2年ほどかかります。しかし、症状は2~3ヶ月経過すると改善される方が多いと言われているように、効果を実感しやすい方法です。また、治療を行う3~5年間は、毎日薬を服用し続ける必要があります。通院頻度は月に一度で、経過確認を行うことは必須です。 長期間続ける必要はあり大変ですが、1日1回薬を服用するだけというシンプルな方法で、薬も飲みやすい味になっています。コツコツと継続して根治させましょう。

ご注意

最初の数ヶ月は、副作用が現れる可能性があります。そのため、初回は院内で服用していただきます。院内での服用を行った後に、問題がないと判断しましたら、ご自宅での服用を始めていきます。そこから1週間後、2週間後と様子を見ながら、少しずつ通院頻度を減らしていきます。 治療中に気になることがありましたら、速やかに担当医までご相談ください。

生活の質を高めるために

小児科・アレルギー科専門医として多くの患者様を診た経験から、喘息持ちのお子様はダニアレルギーを持っているなど、複数のアレルギー疾患を併発しているお子様が多いように感じました。このような場合はどちらかの治療を行うより、両方の治療を同時に開始することで、症状が落ち着くようになる傾向があります。 ダニアレルギーにとってホコリは有害ですが、100%取り除いて過ごすことはできません。また、春先では毎年、あらゆる地域でスギ花粉が飛んでいます。これらの症状が重くなってしまうと、勉強や運動、睡眠にも大きな支障をきたす恐れがあります。 舌下免疫治療は1日1回の服用で済むため負担が少なく、長期間継続する必要はありますが、効果は期待できる方法です。減薬・断薬を行っても症状に苦しむことがなくなれば生活の質を上げることができますし、いつでも本来の力を発揮して日々を過ごすことができます。 ダニアレルギーやスギ花粉症でお悩みでしたら、お気軽に当院へご相談ください。

TOPへ