小児漢方外来

小児漢方

漢方漢方とは、古くから老若男女問わず、あらゆる人に向けて処方されてきた薬の一つで、子どもの治療でも使われています。漢方薬とは、2種類以上の生薬が調合された薬で、民間療法ではありません。現在、多くの漢方薬には科学的根拠が証明されているため、薬、治療のガイドラインに有効性がきちんと明記されています。 当院では、西洋医学による科学的根拠や、各ガイドラインに基づいて行う標準医療を提供しております。ただし、西洋医学を基準とした治療だけでは完治が難しい症状や疾患には、漢方薬を活用する治療法を提案しております。 当院では、主にエキス製剤(粉末状で、お湯やお水に溶く、またはそのままで服用できる既製の薬剤)を処方しております。

どのような症状や疾患に漢方が効くの?

漢方薬による効果が期待できる疾患や症状として、以下のものが挙げられます。

  • 長期間続く咳 (喘息のような、器質的疾患ではない場合)
  • 発熱を伴う風邪やインフルエンザ
  • 慢性・急性鼻炎
  • 便秘・腹痛 (器質的疾患がない場合)
  • ウイルス性胃腸炎などによる嘔吐・下痢
  • 感染症予防
  • 長期間続く中耳炎
  • 頭痛(緊張性頭痛や片頭痛、起立性調節障害のような、器質的疾患ではない場合)
  • 食欲がない (器質的疾患がない場合)
  • 乳児の肛門周囲の膿瘍(のうよう)
  • お子様の夜泣き
  • 思春期のイライラ感
  • 疲労感

漢方薬のみを用いる治療法から、西洋医学による治療と漢方薬どちらも行う併用療法まで、幅広く対応しております。 「風邪を引きやすい」「病名がつかない体調不良」などの「未病」の場合でも、漢方薬が効果を発揮することはあります。 また、育児で忙しいママのイライラ・不定愁訴なども、漢方薬で緩和されることもあります。お気軽にご相談ください。

子どもでも漢方は飲める?

漢方薬と聞くと、「苦い」「匂いが独特」というイメージを抱く方もいらっしゃるかと思いますが、お子さま様向けの甘めな漢方薬もあります。また、漢方薬が苦手な場合でも、お薬ゼリーやオブラートなどを利用することで、小さいお子さま様でも飲めるようになったケースもよくお聞きします。当院では、漢方薬を飲むコツなども丁寧に指導しておりますので、気兼ねなくご質問ください。

TOPへ