小児アレルギー

食物アレルギー

食物アレルギー食物アレルギーとは、体内へ入り込んだ病原体(細菌・ウイルスなど)から身体を守る免疫が過剰反応することで、身体に害を与えないはずの食べ物に対しても、アレルギー症状を引き起こしてしまう状態のことです。 本来、食べ物は生きる上で必要な栄養源のため「異物」として認識されません。しかし、特定の食べ物に対して身体が「異物」だと認識してしまうことがあります。 これは免疫反応のコントロールの問題で起こるケースもありますが、消化や吸収の機能がまだ発達しきれていない年齢にもみられます。そのため、幼い子どもは食物アレルギーになりやすい傾向が強いです。 食べたものは腸で吸収された後に血液によって全身へ運ばれるため、アレルギー症状を起こすアレルゲンも、栄養と一緒に運ばれて症状が引き起こされます。 また、食物アレルギーを抱えている場合、特定の食べ物を食べた時だけ反応するのではなく、触わったり吸い込んだりした場合でも、症状は起きやすいです。 また、注射製剤にアレルゲンとなる食べ物の成分が含まれている場合、その注射を打つことで発症するケースもあります。

食物アレルギー

子どものアレルギー性鼻炎・花粉症について

アレルギー性鼻炎は大きく分けると、特定の季節に症状が現れる「季節性アレルギー性鼻炎」と、常に症状がみられる「通年性アレルギー性鼻炎」の2種類があります。 症状は2種類とも、鼻水やくしゃみ、鼻づまりなどです。

季節性アレルギー性鼻炎

花粉スギを代表に、ヒノキやブタクサ、ススキ、マツ、シラカバ、ヘラオオバコ、ケヤキ、ヨモギなどの花粉がアレルゲンとなって発症するアレルギー性鼻炎です。特定の花粉が飛ぶ時期に発症するため、春以外の季節でも発症はみられます。

通年性アレルギー性鼻炎

ハウスダストどの季節でも存在しているダニやハウスダスト、カビなどのアレルゲンによって発症するアレルギー性鼻炎です。特にハウスダストによるアレルギー性鼻炎は、窓を閉め切ることが多い冬に多くみられることから、「花粉症だ」と勘違いされてしまう方もいます。

子供のアレルギー性鼻炎・花粉症

子どものアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹がよくなったり悪くなったりする状態を慢性的に繰り返す皮膚炎です。1歳までの場合は2ヶ月以上、1歳以上の場合は半年以上、この症状が続くと慢性だと診断されます。 アレルギーが起きやすい体質の子ども、または皮膚バリア機能が弱い子どもがかかりやすいとされています。アトピー性皮膚炎の症状は主に、以下の通りです。

  • 皮膚のかゆみ・赤み
  • ジュクジュクした湿疹が出る
  • ひっかくと浸出液が出てくる
  • 皮むけが起きる
  • 症状が長く続くと皮膚が硬くなって分厚くなる
  • 顔や身体に、左右対称に湿疹が出やすい
  • おでこや目、口、耳周り、首、わきの下、手足関節の内側に症状が現れやすい

アレルギーの発症はもともとの体質と大きく関わっているため、過去に食物アレルギーなどが起きた子どもの場合は特に発症しやすいと言われています。 また、ご家族の中にアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、食物アレルギー、気管支喘息を抱えている方がいる場合でも、発症しやすいです。

気管支喘息

「気管支」とは、気管の先で枝分かれして左右の肺に繋がっている管です。 気管支喘息になると、気管支が狭くなり十分な酸素が取り込めなくなって喘息発作を繰り返し起こしてしまいます。ヒューヒュー・ゼーゼーと音が鳴る「喘鳴(ぜいめい)」が主な症状で、発作は夜中や朝方に起きる傾向があります。 しかし喘鳴は、風邪などによる咳と見分けることが難しいと言われています。また、喘鳴自体、気管支喘息以外の疾患でもみられる症状です。 診察では「風邪をひいていない時でも喘鳴が出るのか」「運動した時・興奮時に咳きこんでいないか」「ご家族の中にアレルギー疾患がある方はいるか」「アレルゲンに触れると発症するか否か」などを丁寧に確認してから、慎重に診断を下します。 特に小さいお子様の場合は「咳き込んで吐くことがある」「横に寝かせようとするとぐずる」といった症状がみられるケースもあるため、症状だけでは気管支喘息であると断定できないことから注意が必要です。 気管支喘息は呼吸困難を起こすこともある疾患なので、喘鳴が起きている、咳が続いている場合は、速やかに受診しましょう。

小児アレルギー専門外来

子どものアレルギーに関して専門的な診察・治療が必要な場合は、アレルギーの専門医が診察を行う専門外来へご予約ください。 月に1度の金曜日のみ対応しているため、完全予約制となっております。

TOPへ